空洞毛穴

毛穴のトラブルと言っても、年齢によって様々です。10代の頃は、皮脂腺の働きが活発なので、皮脂による毛穴の汚れや黒ずみに悩む人が多いです。20代後半から30代になると、毛穴が楕円形のように広がってしまう「たるみ毛穴」に悩む人が多くなります。そして、たるみ毛穴を放っておくと、「空洞毛穴」と呼ばれるものに変化していきます。

 

空洞毛穴は、肌の毛穴が広がり、ぽっかりと穴が空いたような状態のままになっていることを言います。この空洞毛穴は、どうすれば改善することができるのでしょうか。

 

10代の頃には肌の皮脂量が多過ぎてテカリ肌に悩む人が多いように、30代を過ぎる頃からは逆に肌の皮脂量が少なくなり過ぎて、空洞毛穴に悩む人が目立つようになってきます。しかし、この空洞毛穴はすぐに症状が肌にあらわれるものではありません。まず、肌がたるんで、たるみ毛穴になります。そして、そのまま、毛穴の入り口が皮脂腺によって引っ張られる事によって、毛穴が段々と大きくなっていきます。最終的に、毛穴の中は皮脂のない空っぽの空洞毛穴の状態となるのです。

 

なので、このような状態になる前に、たるみ肌になってきたと思ったら、すぐにでも肌をふっくらとした状態に戻す努力を始めることが肝心です。この時点で大切なことは、肌の保湿です。洗顔後には必ず、肌の水分が蒸発する前に、化粧水や乳液などで水分を補給してあげるスキンケアを行うようにします。時には、コラーゲンやヒアルロン酸、 ペプチドが配合されているゲルや美容液などで肌の乾燥を防ぎ、ハリと弾力を取り戻してあげるのも効果的でしょう。

 

また、空洞毛穴は肌の老化が原因と考えられています。スキンケアだけではなく、睡眠や食生活など、毎日の生活環境も改善し、体の中から綺麗になるアンチエイジング対策も、空洞毛穴の改善には欠かせないものだと言えます。外側からだけでなく、毎日の生活を見直して体の中から綺麗になる、これがアンチエイジングの第一歩なのです。